おふぃすベガ

Artists | アーティスト

アーティスト一覧

アキラさんとまこと君

  • アキラさんとまこと君

喜べるか、楽しめるか、泣けるか

…をモットーに、二人の音のマジシャンが、童謡から映画音楽、ジャズ、クラシックを
縦横無尽にお届けする「ふたりのオーケストラ」。
名前のとおり、たった二人で、数十人から多いときは100名を越えるオーケストラをも
しのぐ音楽を紡ぎます。
永遠に勝ち負けのない ふたりの真剣勝負を 見届けてください!

DSC_0441

曲目例

  • 風のオリヴァストロ
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • サッちゃん
  • しゃぼん玉
  • あんたがたどこさ
  • アリエスの星
  • 開眼序曲
  • ムード・インディゴ
  • Heart
  • ふるさと etc.

 

宮川彬良

宮川彬良(作曲家・舞台音楽家)Akira MIYAGAWA
音楽監督/作編曲・ピアノ
■作曲家・舞台音楽家

DSC_7257

1961年2月18日、東京生まれ。

東京藝術大学在学中より劇団四季、東京ディズニーランドなどのショーの音楽を担当。その後数多くのミュージカルなどを手掛け、舞台音楽家として活躍。

代表作「ONE MAN’S DREAM」「身毒丸」「シャンポーの森で眠る」「ミラクル」「ハムレット」「マクベス」「家なき子」「血の起源」「星の王子さま」「ルビチ」「ザ・ヒットパレー ド」「ムサシ」「欲望という名の電車」など。1996年「身毒丸」で第4回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞、2000年「ミラクル」で東京芸術劇場ミュージカル月間優秀賞を受賞。2005年「ハムレット」(再演)で第12回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞。 2004年には、松平健のショーのために作曲した「マツケンサンバⅡ」が大ブレイク、舞台音楽からヒット曲を送り出した。

一方で演奏活動もめざましく、1995~2010年には大阪フィル・ポップス・コンサートの音楽監督・常任指揮者、1998年~「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」の音楽監督を務めている。また、自ら企画した「コンチェルタンテⅡ ~宮川彬良 vs 新日本フィルハーモニー交響楽団」、アーティスティック・ディレクターを務める大阪市音楽団との吹奏楽ショー「宮川彬良&大阪市音楽Dahhhhn!」、サックス奏者・平原 まこととの「アキラさんとまこと君 ふたりのオーケストラ」、歌手・岡崎裕美との「未来の音楽授業!アキラ塾」、自作の舞台音楽を演奏する「宮川彬良 心 de バレエ」などを中心に、日本全国でコンサートを行っている。自身で、作曲、編曲、指揮、 ピアノ演奏、解説を行いながら進めるコンサートは、誰もが楽しめ親しみやすいと定評がある。
2014年より、Osaka Shion Wind Orchestra(旧大阪市音楽団)音楽監督。

これまでに、Eテレ「クインテット」、同BS2「どれみふぁワンダーランド」、BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」、BSフジ「堺でごさいます」音楽担当・出演。2012年~アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の音楽を手掛けている。

宮川彬良オフィシャル・ウェブサイト「GOOVILLAGE」

 

平原まこと

Makoto Hirahara〈サクソフォン〉

DSC_0468

誰もが耳にしているであろうサックスの音、それが日本を代表するサックス奏者平原まことである。
戦前、ジャズの草分け的存在のトランペッターであった平原勉を父に持ち、娘は歌手平原綾香とAIKA。

8種類以上の楽器を吹きこなし、クラシックからジャズ、ロックまでジャンルを問わず演奏できる名プレイヤーとしてコンサート、スタジオなど多方面で活躍を続けている。 フランク・シナトラ、ナタリー・コールなど、外国アーティストのコンサートにも参加。服部克久率いる東京ポップスオーケストラでカーネギーホールへの出演、宮川泰と名匠「宮川組」でシカゴ公演など数多くのコンサートで成功を収めている。

人々の心の奥底にある優しさに訴えかける演奏をすることを最も大切にしている平原まことのそのあたたかな音色は"絶品"と賞讃され、現在は、宮川彬良(作曲家・舞台音楽家)とは「アキラさんとまこと君 二人のオーケストラ」を中心に全国各地で演奏活動を行っている。

ソロCDに「月の癒しVol.1、Vol.2」「アコースティック・ヤマト」「アキラさんとまこと君 二人のオーケストラ」「Vocalise」(いずれもコロムビア)等。

平原まこと オフィシャル・ウェブサイト

近くに行われる公演