おふぃすベガ

Events | 公演情報

アーティスト別に見る

佐々木 ひろ子リサイタルvol.4 

声、ピアノ、踊りによるバルトークの世界

公演日:2022.08.26(金)

  • 佐々木 ひろ子リサイタルvol.4 
  • 時間
    14:00開演(13:30開場)
    会場
    兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール
    場所
    兵庫県,西宮市
    問合わせ
    おふぃすベガ TEL:0798-53-4556
    発売
    チケット好評発売中
    価格
    一般前売/3,000円  一般当日/3,500円 中高生/2,000円 小学生/1,000円
    状態
    発売中

ご購入方法

バルトークが生んだ、豊かで美しいハンガリーの原風景に出会う夏の夕べ

hirokosasaki_2022_OL_compressed_ページ_1

歌と朗読、ピアノとダンス ー 声、ピアノ、踊りによるバルトークの世界

宮城県出身で幼少から合唱に親しみ、世界青少年合唱団World Youth Choir日本代表などで世界25か国で演奏経験を重ね、東日本大震災後に関西へ移住したメゾ・ソプラノささきひろ子のリサイタル第4弾。

自身が深く傾倒する、20世紀の最も偉大な作曲家のひとり、バルトークが追求し続けた西洋と東洋の文化が交差するハンガリーの美しい珠玉の民謡作品集を、 原語であるマジャール語(ハンガリー語)の詩の朗読と、コンテンポラリーダンスのコラボレーションにより、豊かで美しいハンガリーの原風景を映し出す夏の夕べ。

 

共演は、昨年8月のリサイタルに続き、ダンスが大好きという寺嶋 千紘(ピアノ)、マジャール語の朗読にハンガリー生まれでブタペストの大学で日本語を専攻したポドマニッキ·キンガ。神戸在住、国内外で活動するコンテンポラリーダンサー中間アヤカ。

歌と朗読、ピアノとダンスーー言葉と、言葉のない表現のコラボレーションにより、バルトークの世界がどう立ち現れるか、ご期待ください!

日時

 2022年8月26日(金) 19時開演(18時30分開場)

会場

兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール
(〒663-8204 兵庫県西宮市高松町2-22)
阪急西宮北口駅南改札口スグ/JR西宮駅より徒歩15分(阪急バス7分)

料金

全席自由
一般前売/3,000円 
一般当日/3,500円
中高生/2,000円
小学生/1,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください

出演

曲目

バルトーク 作曲 Bartók Béla Viktor János

 

  • 20のハンガリー民謡 Húsz Magyar népdal 全曲
  • ミクロコスモス Mikrokozmosz ほか
  • チケット取り扱い

Yahoo!パスマーケット(チケットレス)

《ご来場いただくお客様へのお願い》

  • ご来場の際は、必ずマスクの着用をお願いいたします
  • 入場口でサーモグラフィによる検温を実施いたします。37.5以上の発熱がある方は入場をお断りする場合がございます。
  • 体調のすぐれない方はご来場をお控えください。
  • 出演者への御面会はお控えください。

お問合せ・マネジメント

おふぃすベガ  0798-53-4556(平日10-18時)
お問合せフォーム

主催   アトリエマチカ
後援(予定)関西ハンガリー交流協会、日本ハンガリー友好協会、兵庫県、(公財)兵庫県芸術文化協会  ※五十音順 

プロフィール

佐々木  ひろ子(アルト/メゾ・ソプラノ) Hiroko SASAKI ,Alto / Mezzo Soprano

宮城県出身 兵庫県在住。
 2000年~2009年にかけて、世界中の声楽家の卵で構成される、UNESCO「平和親善大使」【World Youth Choir】及び【Asian Youth Choir】に日本代表に選出、プロジェクトに参加。2004年に行われた日本公演には唯一の日本人として出演。同プロジェクトでは北京五輪開会式に出演しジャッキーチェンなどとも共演、国内・海外でのテレビ・ラジオにも出演。韓国大統領官邸や、イスラエル外務大臣とのイベントなど25か国で演奏経験があり、各地に滞在しながらの様々なCD収録にも参加。
 現在は西日本を拠点に『メサイア』『教会カンタータ』などバロック期の宗教作品を始め、中世以降の宗教曲のアルトソリストを務める。古楽および現代音楽分野の古今東西の作品を意欲的に演奏。2018年より3度、関西にてソロリサイタル開催。間宮芳生『日本民謡集』とバルトーク『ハンガリー民謡集』の演奏研究をライフワークとしている。
 宮城教育大学生涯教育総合課程芸術文化専攻声楽卒業、仙台オペラ協会研究生修了。エリザベト音大付属エリザベトシンガーズ正団員。声楽を波多野睦美、合唱指揮を松原千振に師事。ヨガ歴 18 年。
 やっぱり猫が好き。 オフィシャルサイト

寺嶋 千紘(ピアノ) Chihiro TERASHIMA,Piano

 神戸大学卒業後、ドイツへ渡りInternational College of Music, Hamburgを最優秀の成績で卒業。さらにリューベック音楽大学で研鑽を積む。テラモ国際音楽コンクール第1位(イタリア)、CD制作、またハンブルクと大阪にてソロリサイタルを開催する。帰国後、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修了。日本センチュリー交響楽団と共演。近年では兵庫県立芸術文化センター主催公演をはじめ、リサイタルやコンサートに多数出演。伴奏ピアニストとしてはNHK−FMに出演するほか、パリ管弦楽団メンバーなどの来日アーティストとの共演も多い。

ポドマニツキ・キンガ(ハンガリー語朗読)Podmaniczki Kinga,Reading

 1995年、ハンガリー生まれ。詩に強い興味を持ち、学生時代から朗読コンクールに出場するなど活動を始める。その延長で言語に関心を持ち、ブダペストの大学で日本語を専攻。その後、日本での留学を経て、現在は大阪で多言語を活用したフィールドで活動している。

中間 アヤカ(コンテンポラリーダンス) Ayaka Nakama,Dance

 1992年別府生まれ、神戸在住。英国ランベール・スクールでバレエとコンテンポラリーダンスを学んだ後、文化庁・NPO法人DANCE BOX主催「国内ダンス留学@神戸」1期に奨学生として参加。近年では黒沢美香、木村玲奈、contact Gonzo、チェルフィッチュ等の作品に出演する傍ら、自身の作品制作も行う。2019年にArtTheater dB Kobeにて初演した中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』は、TPAM国際舞台芸術ミーティングin横浜、KYOTO EXPERIMENT、クンステン・フェスティバル・デザール、ベルリン芸術祭、ポンピドゥ・センター等で再演を重ねる。誰かや何かに振り付けられる身体にこだわりを持ち、ダンスとしか呼ぶことのできない現象を追い求めている。2018年度よりDANCE BOXアソシエイト・アーティスト。2022年度よりセゾン文化財団セゾン・フェロー。オフィシャルサイト Twitter

hirokosasaki_2022_OL_compressed_ページ_2

兵庫県西宮市高松町2-22

近くに行われる公演

おふぃすベガからのお知らせを受け取る方法

Facebook、Twitter、メルマガを通じて、皆様と交流を深めていきたいと思います。 発信する情報はおふぃすベガからの公式メッセージと思っていただいて結構です。「いいね!」を押すも良し、twitterをフォローするも良し。すべては皆さま次第です。

    • おふぃすベガの事をつぶやいてくれたら喜んでフォローします。
    • いいね!するとあなたのfacebookに新着情報が流れます。