おふぃすベガ

Events | 公演情報

アーティスト別に見る

稲垣聡ピアノリサイタルシリーズ《ルートヴィヒの遺言》~最後の3つのソナタとともに~ Vol.2

“不屈の魂” L.v.ベートーヴェン+B.バルトーク “

公演日:2022.11.10(木)

ご購入方法

不屈の魂 L.v.ベートーヴェン+B.バルトーク “

バッハから幾多の新作初演や舞踊とのコラボレーションなど多彩な活躍をみせるピアニスト稲垣聡が音楽生活25年とベートーヴェン・イヤー(生誕250年)を機にスタートした3ヵ年プロジェクトが2年目を迎えます。

「ルートヴィヒの遺言」と題したこのプロジェクトは、ベートーヴェンの最後の三つのソナタ(第30番op109、第31番op110、第32番op111)を毎年1曲ずつ取り上げるとともに、開催年にアニヴァーサリーを迎える20世紀の作曲家たちー権代敦彦(55歳)、バルトーク(生誕140年)、ドビュッシー(生誕160年)という近現代の作品を交差させるものです。

コロナ感染拡大の影響を受け1年遅れとなりましたが、シリーズは昨2021年に始動。本年のベートーヴェンは、ピアノソナタ第31番と「6つのバガテル」。

バルトークは、彼の代名詞でもある民謡をモチーフとした「舞踊組曲」、円熟期の重要作品「ピアノソナタ」、バルトークの音楽語法のすべてが現れた「ミクロコスモス」(小宇宙)という魅力的なプログラムです。どうぞご期待ください!

2023年”ドビュッシーとバルトーク」のプログラムはこちら

【東京公演 2022年11月17日(土)19時開演 東京オペラシティリサイタルホール 
お問い合わせ:ブルーシート info@b-sheet.jp Tel.070-4123-4772(電話受付時間:平日14時~17時)
詳細こちら(Projectに掲載)

日時

 2022年11月10日(木)19時開演(18時30分開場)

会場

あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール(大阪・梅田)
〒530-0047 大阪市北区西天満 4-15-10
(梅田新道・東南角 あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー内)
アクセス詳細はコチラ

料金

【全席自由]
一般前売:3,500円/学生前売:2,000円
(当日 一般:4,000円/学生:2,500円)
※未就学児の入場はご遠慮ください

曲目

●L.v.ベートーヴェン:6つのバガテル op.126
Ludwig van Beethoven : Sechs Bagatellen op.126
●L.v.ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番 変イ長調 op.110
Ludwig van Beethoven : Klaviersonate Nr.31 As-Dur op.110
●B.バルトーク:舞踊組曲(1923/1925)
Bartók Béla (1881-1945) : Tanz-suite
●B.バルトーク:ミクロコスモス(1926-1939)より
  142.ハエの日記から 144.短2度と長7度 146.オスティナート
Bartók Béla : Mikrokosmus BandⅥ
 142.Aus dem Tagebuch einer Fliege
 144.Kleine Sekunden-Grosse Septimen
 146.Ostinato

●B.バルトーク:ピアノソナタ(1926)
Bartók Béla : Piano Sonata

発売日

7月25日(月)10:00~

プレイガイド

お問合せ

おふぃすベガ  0798-53-4556(平日10-18時)

主催/サウンド・inn企画
協賛/あいおいニッセイ同和損害保険(株)/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:相愛大学/株式会社しがぎん経済文化センター/公益財団法人平和堂財団
協力:アンサンブル・ノマド
マネジメント/おふぃすベガ 

今後の予定

2023年11月
Vol.III《遺言~最晩年の傑作~》

L. v.ベートーヴェン+c.ドビュッシー(生誕160年)

A.ウェーベルンピアノのための変奏曲op.27
L. v.ベートーヴェンピアノソナタ第32番ハ短調 op.111
C.ドビュッシー 12の練習曲 (1915)

*新型コロナウイルス感染症の影響により、一年ずつ延期開催となります。

会場はいずれも
[大阪]ザ・フェニックスホール
[東点]東点オペラシティリサイタルホール

稲垣 聡 (ピアノ)  Satoshi Inagaki

バッハから新作初演、またダンス、美術、オペラなど多ジャンルとのコラボレーションにも取り組む多彩なオール・ラウンダー。
滋賀県立石山高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業。フランス国立リヨン高等音楽院第3課程(大学院課程)修了。
1991年平和堂財団芸術奨励賞、東京現代音楽祭室内楽コンクール《競楽Ⅰ》入賞、1992年第4回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第1位・特別賞、2003年滋賀県文化奨励賞受賞。国内各地でのリサイタルなどソロ活動をはじめ、内外のアーティストとの共演やレコーディングなどアンサンブルピアニストとしても活躍している。特に2000年東京文化会館とびわ湖ホールで開催したJ.S.バッハと20世紀作品によるリサイタルや、2003年東京オペラシティ・リサイタルシリーズBCでのピアニスト中川賢一とのデュオ・リサイタルは大きな話題となった。近年では、サントリーホール・チェンバー・ミュージックガーデン、びわ湖ホール主催「ベートーヴェン・ピアノソナタ・ツィクルスⅨ」等に出演。
現代音楽の分野においても、これまでにISCM (国際現代音楽協会)、東京の夏、サントリー芸術財団主催のサマー・フェスティバルや作曲家の個展等に出演、また武満徹作曲賞、芥川作曲賞、日本音楽コンクール作曲部門の本選作品など数多くの作品を手掛けており、海外でもパリ、ベルギー、イギリス、ハンガリー、アメリカ、メキシコ、韓国、台湾等に招かれ内外より高い評価を得ている。ソリストとしてこれまで東京響、東京フィル、新日本フィル、桐朋学園オーケストラ等と共演。また、俳優、美術家、舞踊家など様々なジャンルとのコラボレーションも多く、これまでにトーキョーワンダーサイト、第4回アジア舞台芸術祭(台北)A.A.P.3回ブヨウ公演(京都府立府民ホール・アルティ)等に出演。オペラにおいては、創作オペラの制作や音楽スタッフとして携わり、團伊玖磨「夕鶴」(ハイライト)G.C.メノッティ「電話」等の舞台監修、G.フリド:モノ・オペラ「アンネの日記」(演奏会形式舞台上演)の演出を行う。
現在アンサンブル・ノマドのメンバー、相愛大学音楽学部・同大学院音楽研究科教授。

大阪市北区西天満4-15-10 あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー

近くに行われる公演

おふぃすベガからのお知らせを受け取る方法

Facebook、Twitter、メルマガを通じて、皆様と交流を深めていきたいと思います。 発信する情報はおふぃすベガからの公式メッセージと思っていただいて結構です。「いいね!」を押すも良し、twitterをフォローするも良し。すべては皆さま次第です。

    • おふぃすベガの事をつぶやいてくれたら喜んでフォローします。
    • いいね!するとあなたのfacebookに新着情報が流れます。